FC2カウンター

プロフィール

すずぼう

Author:すずぼう
ナイスミドルを夢見る、
野球大好き・ビール大好き、
歌うことが大好きな、
一児のアラフォー父ちゃん。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

天気予報

パ・リーグ順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月十五日。
昨日から実家に帰ってきております。

実家の父と母は、うちら三人が来るのをすごく楽しみにしていたそうです。

毎月一回は帰るようにしているのですが、
先月はなんだかんだ予定が入ってて帰ってこれませんでした。

約二ヶ月ぶりの実家。
でもなんにも変わらない実家の中。

あ、でも変わったことといえば…、
地デジ対応のテレビになってたことと、
2台あった車が1台減り、あとの1台が新車になってたこと!

…あとそして、笑顔で迎えてくれた父がそこにいました。

父に実家で会うのは、今年の正月以来。
それから約半年、父は入院してました。

今年1月下旬、父が病に倒れました。
病名は伏せますね。

自覚症状が始まってから、幸い早期の発見だったので、
半年ほど入院し投薬治療と輸血を繰り返せばなんとか…と当時、聞かされました。

それからは、だいたい月に一度の投薬、そして副作用との闘い。これの繰り返し。

髪の毛も抜け落ち、
副作用がかなり辛くかなり痩せこけてしまいましたが、
本人が前向きに治療に励んでいたので、それが救いでした。

父の入院中、毎日母はクルマで片道一時間弱のところにある病院へ。
時間の許す限り、父のそばにいてあげてました。

そして、母は病院から戻ると、
家にいる足の不自由な祖母の面倒をみ、
日々の家事と、父親の仕事である庭の水まきや金魚の水槽の水換えなども、
全部一人でこなしてました。

オレは何もできなかった。
祈ることのほかに何もできないのでしんどかった。

月に一回、孫の顔を見せにお見舞いに行くことくらいしかできなかった。

初めて父の病気の話を母から電話で聞いたとき、
オレは激しく動揺したのを覚えてます。

まさか自分の父親がこんな目にあうなんて…
タバコも吸わない、酒もあまり飲まない、
ウォーキングをし、青汁を飲み、食事の管理まで自分でチェックする。
こんなに健康に人一倍気をつけている人が、こんな病気に…。

そして…

父本人の強い意志が病気の体の回復を早め、
予定よりも早い6月下旬に退院することができました。

現在は、だんだん髪も生えてきて顔もふっくらとしてきました。
それを今回、実際に確認することができて初めて、やっと安心できました。

昨日の夕方、
うちら三人と父とで実家の裏の河原に散歩に行きました。
半年前は、こんな光景が想像できませんでした。

父は嬉しそうに『りゅ~うた』と孫を呼び、
おじいちゃんと久しぶりに一緒に歩いた琉太も、笑顔で『は~いよ』と返事してました。

入院中、父には、
治って元気になったら温泉に連れてってあげる、といいました。

まだ通院もしている段階だし、体力も万全じゃないので、
ゆっくり年明けくらいに計画しとくね。
息子家族と一緒の旅行、楽しみにしててね。

風車

写真は、
15日に見に行った茨城県神栖市の鹿島灘沿いにある風力発電の風車です。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。