FC2カウンター

プロフィール

すずぼう

Author:すずぼう
ナイスミドルを夢見る、
野球大好き・ビール大好き、
歌うことが大好きな、
一児のアラフォー父ちゃん。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

天気予報

パ・リーグ順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の入院手記 ~“急性虫垂炎”と診断されて~その3

一月二十八日。

この日は朝から大雪。
ゆうべから『寒いな~、となりのおっさんから風邪さっそくもらっちゃったかな~』
なんて不安になってたが、この雪のせいね。と妙に納得。
夜中はあまりにも寒いのでナースさんに毛布を一枚かりた。
あ、そうそうとなりのおっさんの結局マスクしてた事が発覚。当たり前じゃ!
あそこの痛みもだいぶひいてきた。トイレももう大丈夫。
この日の昼から、三分粥。そして意外なおかずの多さにびっくり。
煮物、焼き魚、かぼちゃ、白菜の白和え、そしてバナナ。
いきなりこんなに食べて、胃袋びっくりしちゃうんじゃないか?
そして夕方、とうとう点滴をはずす時が来た!
やった!ながかった…。これでだいぶ動きが自由になった。
今日はなんだか一気に普通に行動できるようになった。
嫁さんにお見舞いのとき『リアル』全巻持ってきてもらった。
明日はお見舞いに来なくていいからね~♪
夜は三分粥、さつまいも、大根と鶏肉の煮物、…そしてメロン。

一月二十九日。

夜、入院してから一番よく眠ることができた。
入院時からトイレの度に毎回続いてた尿採取も終了していた。
今朝、3Fの談話室から富士山がよく見えた。
この日の朝食から五分粥、焼き鮭、白菜の味噌汁、ブロッコリーのゴマ和え、牛乳。
午前中はシャワーを浴びさせてもらった!
5日ぶりのシャワー。久々にさっぱり~♪
昼は五分粥、鶏肉の味噌漬け焼、蓮根のきんぴら、ポテトサラダ。
傷口の痛みももうほとんど無い。
なんでオレが病院にいるのか、入院しているのか。
そう不思議に思うくらい、元気。
ご飯以外はずっとベッドの上でリアルに夢中。全巻読破達成。
夜から全粥、ホイコーロー、ナムル、味噌汁、ミカン。
いよいよ明日は退院の日。
今日、向かいのベッドの(同じ虫垂炎だと思われる)人が、
オレより一日早く退院した。
…退院おめでとう、先輩。(←勝手に自分の中でそう呼んでいた)
入院生活最後の夜。4人部屋も今夜は3人。

一月三十日。

本日、退院!
最後の朝食。全粥、オムレツ、野菜のソテー、味噌汁、牛乳。
おいしいおいしい、なんでも美味しいよ~退院だからね。
嫁さんが迎えに来てくれた。嬉しいよ~退院だからね。
入院と手術は嫌だったけど、初めての経験。
とっても勉強になりました!(←プラス思考。退院だからね。
もうここには来ないぞ!

…あ、抜糸、一週間後の二月六日だと。

(私の入院手記、おわり)
スポンサーサイト

私の入院手記 ~“急性虫垂炎”と診断されて~その2

一月二十六日。

夜中、目が何度も覚めた。
目が覚めても担当の看護師がこないと何もできない。
そもそも動くことができないのだから何もできないのだが。
看護師が検温と血圧測定に何度も来たが、動けないし何時かもわからない。
この日の昼頃にHCUから普通の病室に移動するのだが、
その前にオシッコの管を抜いた…
そう、ゆうべから続いてるアソコの違和感は、この管だったのだ!
その管を女性の看護師(ちょっとSめ)に抜いてもらったのだが、
これがありえないぐらい痛い!痛い!痛い!
全身麻酔が効いている間にその管を尿道に挿入したと思われるが、
そんな記憶などまったく無い。
でも管を抜くときは麻酔なんど効いてない!
泣きそう。いや泣いた。この痛みを早く忘れたい!と思った。
術後の1日目なんて病室に移動しただけで何もできない。
当然飲食もできない。うがいはできたが。
あいかわらず傷口は痛いし…
そしてこの日の夜寝る前に、
若い男の看護師に3回も点滴針を刺しなおされる事態が起こった。
そのたび痛いし、気分は悪くなるし、最悪。
でもその後現れた『大久保佳代子』さん似の女性看護師は、
一発で決めて去っていった。さすが。

一月二十七日。

夜中、2時間に1回はオシッコで起きてしまう。
オシッコする度、痛い。アソコが。つらい。
映画『グリーンマイル』のポール看守の気持ちが痛いほどわかった。
当然、よくは眠れなかった。
だから昼間は昼寝をたびたびしてた。
傷口は前日よりかは痛みが治まりだしていたが、まだまだ痛い。
お昼に初めて水分(お茶)を口にした。
夜は入院して初めての食事。流動食。すべて液体。
液体のおかゆ、具なしのお吸い物、りんごジュース。
でも『味』を感じることができたのは久々なので、完食!
この日から、
4人部屋のオレの隣で寝ている患者が変わった(おじさん→おじさん)みたいで、
ゴホゴホ咳ばっかしている。
ほんと頼むから気を使ってほしい!それがマナーってもんでしょ!
このおっさん、マスクは当然してるんだろな!
自分の手元にマスクは無い。
仕方ないので当直のナースさんに頼んで一枚譲ってもらった。
今度嫁さんにマスク持ってきてもらおっと。

(その3につづく)

私の入院手記 ~“急性虫垂炎”と診断されて~その1

虫垂炎って知ってますか?
ん、盲腸のことですね。
まさか自分が虫垂炎になってしまうとは…

そんな訳で1/25から1/30まで入院しておりました。
生まれて初めての入院です。
発症してから退院までの7日間をまとめてみましたので、どうぞ。

一月二十四日。

前日、有休もらってTDLに行ってきたばかり。
リフレッシュしてまた今日から仕事がんばんぞ~って日、
朝から下っ腹がシクシク痛い…。
昨日何か悪いもん食ったか~こりゃ!?って痛みでもない。
とりあえず大したこともなさそうなので、様子見ながら会社へ。
昼休みがあけて、本格的に痛くなってきた。
ちょっとマジやば…って思いながら社内ミーティングに挑むが、案の定、上の空。
早退して近所の内科へ。『虫垂炎疑い』と診断…。マジか!?
とりあえず抗生物質をもらうことになり、痛みが治まらなければ外科へ、と言われた。
もらってきた薬を飲み、早めに就寝。

一月二十五日。

土日にお腹が痛くなったら面倒なので、
仕事を遅刻して総合病院の外科へ行くことに。
薬のおかげか痛みは前日より治まってきていた。
しかし!
血液検査と造影剤を使ったCT検査の結果、『急性虫垂炎』と診断…。
手術するか薬で散らすか、決断を主治医に迫られる。
どちらにしても入院は免れないらしい。散らしても再発のおそれあり。
…決めた、オペしてもらおう。
緊急入院、即日手術。オペはその日の15時から。
バタバタして申し訳なかったが、会社と嫁さんに事情を説明。
14時半頃、嫁さんと息子が病院に到着。
医者から施術の説明、麻酔の説明を受けるが、ほとんど頭に入ってこない。
状況を察知して怯える息子を『大丈夫だよ』と励ます。
ほんとは一番怖くて逃げ出したいのは自分なのに…><
そしてとうとう15時。息子とタッチを交わし手術室へ。
この瞬間から、頭の中で『Dr.コトー』のオペシーンのBGMが流れ出す。
嗚呼、出来るコトならコトー先生にオペしてもらいたい…
テレビでよく見るような、たくさんのライトが設置してある手術室。
患者の緊張をほぐす為か、クラシック音楽がバックに流れている。
麻酔医が『これから麻酔しま~す』と言い、
『はい、お願いします』と答えたその瞬間から…落ちた。
初めて全身麻酔。効果は抜群。
オペが終わってHCUに運ばれ起こされるまで、何の記憶も残ってない。
ボーっとしたまま嫁さん、見舞いに来た母、姉夫婦と会話を交わすが、
何を話したか、あまり覚えてない…。
その日はそのままHCUで就寝。が、よく眠れるわけがない!
麻酔がきれてきて傷口が痛みだすわ、
酸素マスクとオムツをあてられてるわ、
アソコに違和感があるわ、で眠れるわけがない…。

(その2につづく)

ぎっくり

二月十八日、
自宅で掃除機かけてるときに…腰に激痛が!!

それから二日後の月曜日に近所の整形外科に行ったが…、
ただ強く揉まれただけでなーんも良くならず…

(…あそこはきっとヤ○よ、○ブ。)

痛みがぜんぜん治まらず、今日は別の整形外科に行ってきました。
そしたら今度はとってもいい病院でした。スタッフさんみんな親切☆

原因疾患は…、
“腰椎椎間関節障害”
ヘルニアの一歩手前、要するにぎっくり腰。ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

日々の運動不足で体が重くなり、
おまけに冬でインナーマッスル(あんのか?)が硬直気味になり、
腰に負担がかかり、
背骨と骨盤の間がずれたとさ。

レントゲン写真では、
確かに曲がっているのがわかりました…アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ

オレも今日からコルセッターъ( ゚ー^)イェー♪

要するに、もっと痩せろと。

来週もまたリハビリだー、ファイティン。

お腹の風邪

五月十五日。
深夜。

寝てた息子が突然…吐いた。
その後も嘔吐が続き、そして下痢も始まりました。

ちょっと汚いお話ですが、
息子が産まれてもうすぐ丸4年、こんな出来事は初めてです。

深夜だし、オレも嫁さんも困った困った。

夜間病院に行こうか、救急車を呼ぼうか…、と悩んでいる間も息子は泣きながらトイレに。

でもしばらくすると、
眠たかったのもあったのか息子の状況は落ち着いてきました。

とりあえず、今夜は寝よう。
んで明日の朝、病院に行こう。

翌日、行きつけの病院での診断は、
風邪の菌がお腹に入ったもの。との事。

GW後半頃に息子は鼻風邪をひき始め、
今日までなかなか治らず長引いて、
そして、発症した“お腹の風邪”。

聞くところによると、息子の幼稚園でちょっとはやっているみたいです。

これは今週は幼稚園に行けないね。

嫁さんは、一日中息子に付きっきりの大変な看病が始まります。

つらいね。早く治ればいいね。

フクアリ前の公園

5/14に遊びにいった、フクアリ前の公園。
この時は元気だったのにね><

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。